果たして奨学金とキャッシングではどちらが良いのか

人々は、たまに教育関連のお金を捻出したいと思っています。ご存知の通りお子様の教育の為には、色々とお金が必要になりますね。塾に通わせるにしてもお金がかかりますし、もちろん進学時にもかなり多くの費用がかかるのです。私立大学などに通わせるとなると、かなり多くの費用がかかるケースも珍しくないのですが。

ところで教育関連のお金を捻出する方法の1つに、奨学金があります。いわゆる成績優秀な学生に対して、融資をしてくれるシステムなのですね。
それに対して、キャッシングで資金を捻出する方法もあるのです。もちろんそれも借りる商品の1つなのですが、上記の奨学金とどちらの方が良いかは微妙な一面があります。 まず手数料だけを考えれば、奨学金の方が圧倒的に良いでしょう。奨学金は、実は手数料が発生するのですね。

例えばそれでお金を借りて、1年間が経過したとしましょう。ちなみに借りていた金額は100万だったとします。その場合は、1年間で9,000円前後の手数料が発生する筈なのですね。現在の奨学金の手数料は、年間0.9%前後という数字になっている筈だからです。 ちなみに誤解している方のたまにいらっしゃるのですが、奨学金は決して手数料無料ではありません。必ず金利は発生します。現在その制度を変えようという動きはあるのですが、まだ当分は手数料が発生する状況なのですね。ちなみにキャッシングの場合は18%前後なので、奨学金の方が手数料は低めなのは確実ですね。

それを考慮すれば奨学金の方がメリットが大きいように見えるかもしれませんが、前述のようにそれには成績に関する問題があります。学業がある程度優秀な方でないと、お金を借りる事ができないようになっています。ところが銀行などから借りる場合は、成績はあまり関係無いのですね。むしろご両親に安定的な所得があるかどうかの方が、はるかに大切なのです。 つまりキャッシングの方が、比較的手軽に借りる事ができる訳ですね。手数料は高めですが、手軽さという意味ではその金融商品の方が良いと思います。

電話ではなく書面を用いて勤めている事実を確認する会社も

金融会社で申し込みをしますと、架電が発生する場合があります。実際その会社に在籍しているかどうかを確認したいとの考えに基づき、金融会社としてはわざわざ職場に電話をかける訳ですね。 ところが一部の方々は、それを敬遠している傾向があります。会社に対して電話がかかってきてしまうのは、困る方もいらっしゃるのですね。

その理由ですが、会社に内緒で借りているからです。人によっては、借りている事実を会社には知られたくないと思っていますので、電話がかかってくるのは困ると思う方も見られるのですね。 それと、そもそも会社に電話される事自体困る方もいらっしゃるようです。あまり会社に電話がかかってくるのは、色々な意味で困ってしまうと思っている方も見られます。

しかし申込をする時には、その職場の番号の記載は必須になります。そして使われていない電話番号を記載する事はできません。間違った電話番号を記入してしまいますと、まず間違いなく落とされてしまうからです。 では会社に電話がかかるのは困ると思っている方はどうすれば良いかと申しますと、会社選びが1つのポイントになるでしょう。というのも全ての会社が電話で確認をしているとは限らないのですね。中にはそれを省略できる会社もあるのです。

例えばある金融会社の場合は、架け電ではなく書類で事実を確認するのだそうです。やり方はとても簡単で、その会社に対して給料の証明書を提出するだけです。いわゆる給与明細ですね。もちろん給与明細を会社に見せれば、その会社に勤めている事実を証明する事ができる訳です。もちろん書類を提出すれば、お勤め先に対して電話がかかってくる事はありません

ちなみにどのような会社が書類で確認するかと申しますと、有名な所ではモビットですね。あの会社の場合はネット完結というシステムなので、わざわざ電話で確認をする必要も無いのです。ですので会社に電話が来るのは困る方は、そのようなキャッシングを検討してみるのも一法でしょう。

キャッシング審査で照会し確認される個人信用情報

お金を借りる時に、審査と言うものがあって、その審査によって、お金を貸し出す取引をするかどうか決定されます。その判断と言うのは、過去、現在、未来と言った本人のお金の流れがどうなのかと言うのを調べる事から始まります。未来を見るには、勤続年数、年収、所得が幾らかなどから査定され、返済をこなせる人なのか判断されます。

そして現在では、身分証明証などの確認や、勤務先への在籍確認で、今どのような状態か判断されます。そして、過去は、金融機関で、過去5年間で取引した時に、遅延や、事故やトラブルなどが無いかどうかを確認されます。その確認は、金融機関の個人信用情報と言うところで確認されるのです。

もしも銀行カードローンでキャッシングの申し込みし審査を受けるのなら、銀行先が加盟しているKSCと言う全国銀行個人信用情報センター(略して全銀協)で確認されます。そして、信販系のカードローンでキャッシングの申し込みをし審査を受けるのなら、CIC(シーアイシー)で確認されます。そして、消費者金融業でキャッシングの申し込みをし審査を受けるのなら、JICCと言う、日本信用情報機構で確認されます。この個人信用情報機関で確認して、何か問題があると、審査に通らなかったり、利用限度額を大幅に減額されたりします。

このように、キャッシングを契約するのには、過去、現在、未来とを見て、お金を貸しても返済義務を果たしうる信頼出来る人なのかどうかを見るのが目的なのでしょう。個人信用情報は、審査の時に、必ず照会して確認しますので、過去に何があったと、言い訳をして隠しても解ります。遅延があるのなら、遅延気味な人と疑う要素にもなりますし、過去にこの業者で借入して完済しているという事も解りますので、何処にも借りた事が無いと言っても解るようになっています。しかし、そのような経歴が5年以上経過したものは、個人信用情報に残っていないので、5年以上前の過去は解らないでしょう。

キャッシングの借入利用限度額の枠について

キャッシングでお金を借りたい時には、ある程度、このラインのレベルの人はくれくらいまでしか借りれないという限度があります。それはさまざまな規定が合って、お金をこれくらいしか貸せないと限度額を決めているのでしょう。本当は、お金が降り注ぐように幾らでも手にする事が出来たら夢の様ですが、そんなにたくさん借りれないものです。少額の給料で生活する人が、キャッシングでは、例えば1000万円も借りる事が出来ないようになっています。

それぞれの年収や、所得によって、利用限度額の枠が決められているのです。そうでないと、少額の所得しかないのに、驚くような大金を借りたとしても、返済のメドがないから、初めから貸し出す事は無いのです。キャッシング業者の紹介では、1万円~最大で500万円まで融資が可能と記載されている文章を良く目にしますが、これは、高額所得者で返済可能な人は、500万円まで利用できる枠はありますと言っているのです。

500万円までと記載しているからと言って、どんな人でも借入出来る金額を表示している訳ではないようです。500万円までと言う目安なのです。個人の所得や年収などを審査して、個人個人で利用限度額の枠が決められるので、もしかして、10万円や、50万円までしか利用限度額の枠を作れない人も居ますし、500万円がどうしても必要で申し込んだけれど、200万円までしか利用限度額の枠を作れない人も居ます。この利用限度額の枠は、キャッシングの申し込みをして審査を受けて、決定されます。

その金額を申込者に伝えて、それでも借入希望なら、契約となる流れとなっていますので希望していた金額よりも少額しか借りないのなら借りたくないというのなら、契約せずに断ることも出来ます。そして、契約だけして置いて、利用限度額の枠が例えば、300万円となって契約しても、100万しか借りないで要る人も居ます。そしてその後に、利用限度額の枠内までなら、後に、少しずつ借りて行っても良いようになっています。利用限度額の枠を決めるのは、ここまでの金額ならば、出し入れ自由何回も、お金を借入しても良いと言うことになるのです。

キャッシュカードなどを保有していなくても利用できるキャッシングも

銀行などでは、カードローンという商品をアピールしているケースが多々あります。ここ最近は、そのアピール頻度が増えてきました。 この間も私の自宅の郵便ポストに、銀行から郵送物が来たのです。めったに郵送物が来ないので、ちょっと驚いたのですが。ちなみにその郵送物の内容は、上記のローン商品を宣伝する目的だったのです。つまりダイレクトメールが届いていたのですね。

ここ最近金融機関などでは、ダイレクトメールによってそのローン商品をアピールしているケースが多いようです。つまり銀行としても、販促活動を強化している状況なのでしょう。 ところでそのようなキャッシングの商品を利用する場合、特定の口座が必要になる事があります。そもそも私達が銀行口座の様々なサービスを利用するとなると、必ずと言って良いほどキャッシュカードが必要になるでしょう。銀行の口座からお金を引き出す時には、それが求められるケースも多々ありますね。

そして上記のローン商品も、それは同様なのです。もちろんその商品は借りる事が目的なのですが、手数料が比較的低めなメリットがあります。いわゆる賃金業者などに比べれば、手数料は比較的リーズナブルになっていますので、それに興味を覚えている方も多いのですね。しかしキャッシュカードが必要になると、ちょっと利用しづらい一面はあるかもしれません。

まだその銀行で口座を作っていない方も、中にはいらっしゃるでしょう。 ところが一部の銀行によるキャッシングでは、そのカードが不要なタイプも見られるのですね。銀行で口座を作っていれば、確かに手続きはスムーズになるですが、必須でもありません。たとえその銀行でカードを作っていなくても、直ちに借りる事ができる商品も見られます。三井住友銀行による商品などは、その1つなのですが。

ここ最近は、そのカード不要なタイプが増えてきているようですね。銀行としても、手軽に借りる事ができるよう販促活動を進めているのかもしれません。