キャッシング審査で照会し確認される個人信用情報

お金を借りる時に、審査と言うものがあって、その審査によって、お金を貸し出す取引をするかどうか決定されます。その判断と言うのは、過去、現在、未来と言った本人のお金の流れがどうなのかと言うのを調べる事から始まります。未来を見るには、勤続年数、年収、所得が幾らかなどから査定され、返済をこなせる人なのか判断されます。

そして現在では、身分証明証などの確認や、勤務先への在籍確認で、今どのような状態か判断されます。そして、過去は、金融機関で、過去5年間で取引した時に、遅延や、事故やトラブルなどが無いかどうかを確認されます。その確認は、金融機関の個人信用情報と言うところで確認されるのです。

もしも銀行カードローンでキャッシングの申し込みし審査を受けるのなら、銀行先が加盟しているKSCと言う全国銀行個人信用情報センター(略して全銀協)で確認されます。そして、信販系のカードローンでキャッシングの申し込みをし審査を受けるのなら、CIC(シーアイシー)で確認されます。そして、消費者金融業でキャッシングの申し込みをし審査を受けるのなら、JICCと言う、日本信用情報機構で確認されます。この個人信用情報機関で確認して、何か問題があると、審査に通らなかったり、利用限度額を大幅に減額されたりします。

このように、キャッシングを契約するのには、過去、現在、未来とを見て、お金を貸しても返済義務を果たしうる信頼出来る人なのかどうかを見るのが目的なのでしょう。個人信用情報は、審査の時に、必ず照会して確認しますので、過去に何があったと、言い訳をして隠しても解ります。遅延があるのなら、遅延気味な人と疑う要素にもなりますし、過去にこの業者で借入して完済しているという事も解りますので、何処にも借りた事が無いと言っても解るようになっています。しかし、そのような経歴が5年以上経過したものは、個人信用情報に残っていないので、5年以上前の過去は解らないでしょう。