電話ではなく書面を用いて勤めている事実を確認する会社も

金融会社で申し込みをしますと、架電が発生する場合があります。実際その会社に在籍しているかどうかを確認したいとの考えに基づき、金融会社としてはわざわざ職場に電話をかける訳ですね。 ところが一部の方々は、それを敬遠している傾向があります。会社に対して電話がかかってきてしまうのは、困る方もいらっしゃるのですね。

その理由ですが、会社に内緒で借りているからです。人によっては、借りている事実を会社には知られたくないと思っていますので、電話がかかってくるのは困ると思う方も見られるのですね。 それと、そもそも会社に電話される事自体困る方もいらっしゃるようです。あまり会社に電話がかかってくるのは、色々な意味で困ってしまうと思っている方も見られます。

しかし申込をする時には、その職場の番号の記載は必須になります。そして使われていない電話番号を記載する事はできません。間違った電話番号を記入してしまいますと、まず間違いなく落とされてしまうからです。 では会社に電話がかかるのは困ると思っている方はどうすれば良いかと申しますと、会社選びが1つのポイントになるでしょう。というのも全ての会社が電話で確認をしているとは限らないのですね。中にはそれを省略できる会社もあるのです。

例えばある金融会社の場合は、架け電ではなく書類で事実を確認するのだそうです。やり方はとても簡単で、その会社に対して給料の証明書を提出するだけです。いわゆる給与明細ですね。もちろん給与明細を会社に見せれば、その会社に勤めている事実を証明する事ができる訳です。もちろん書類を提出すれば、お勤め先に対して電話がかかってくる事はありません

ちなみにどのような会社が書類で確認するかと申しますと、有名な所ではモビットですね。あの会社の場合はネット完結というシステムなので、わざわざ電話で確認をする必要も無いのです。ですので会社に電話が来るのは困る方は、そのようなキャッシングを検討してみるのも一法でしょう。