果たして奨学金とキャッシングではどちらが良いのか

人々は、たまに教育関連のお金を捻出したいと思っています。ご存知の通りお子様の教育の為には、色々とお金が必要になりますね。塾に通わせるにしてもお金がかかりますし、もちろん進学時にもかなり多くの費用がかかるのです。私立大学などに通わせるとなると、かなり多くの費用がかかるケースも珍しくないのですが。

ところで教育関連のお金を捻出する方法の1つに、奨学金があります。いわゆる成績優秀な学生に対して、融資をしてくれるシステムなのですね。
それに対して、キャッシングで資金を捻出する方法もあるのです。もちろんそれも借りる商品の1つなのですが、上記の奨学金とどちらの方が良いかは微妙な一面があります。 まず手数料だけを考えれば、奨学金の方が圧倒的に良いでしょう。奨学金は、実は手数料が発生するのですね。

例えばそれでお金を借りて、1年間が経過したとしましょう。ちなみに借りていた金額は100万だったとします。その場合は、1年間で9,000円前後の手数料が発生する筈なのですね。現在の奨学金の手数料は、年間0.9%前後という数字になっている筈だからです。 ちなみに誤解している方のたまにいらっしゃるのですが、奨学金は決して手数料無料ではありません。必ず金利は発生します。現在その制度を変えようという動きはあるのですが、まだ当分は手数料が発生する状況なのですね。ちなみにキャッシングの場合は18%前後なので、奨学金の方が手数料は低めなのは確実ですね。

それを考慮すれば奨学金の方がメリットが大きいように見えるかもしれませんが、前述のようにそれには成績に関する問題があります。学業がある程度優秀な方でないと、お金を借りる事ができないようになっています。ところが銀行などから借りる場合は、成績はあまり関係無いのですね。むしろご両親に安定的な所得があるかどうかの方が、はるかに大切なのです。 つまりキャッシングの方が、比較的手軽に借りる事ができる訳ですね。手数料は高めですが、手軽さという意味ではその金融商品の方が良いと思います。